HORIE YUSUKE WEB

サクソフォニスト 堀江裕介オフィシャルサイト

News&Topics


NEW

2021年6月24日、マルセル・ミュール生誕120年記念リサイタルの延期公演が決定しました!

2年を経て、さらに内容を充実させて、2回に分けて開催します。

両公演共に新作が誕生することにもなりました。

会場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

テーマは両公演通して「Reborn 復活」です。

 

ぜひ、皆様のご予定の中に入れていただけると嬉しいです!!

2023.9.20 wed 終了!多数のご来場ありがとうございました!

堀江裕介サクソフォンリサイタル2023-2024 Autumn 

with HYMN CHOIR ヒム・クワイア

2021.6.24 マルセル・ミュール生誕120年記念リサイタル延期公演【前編】

 

2024.3.16 sat

堀江裕介サクソフォンリサイタル2023-2024 Spring

with Ibert Chamber Orchestra2024 イベール室内オーケストラ2024

2021.6.24 マルセル・ミュール生誕120年記念リサイタル延期公演【後編】

 

Reborn 復活−室内小協奏曲 CONCERTINO DA CAMERA−

 

2024.3.16 sat

16:15 open 16:45 pre-talk 17:00 start  (チケット予約引換は15:30から開始します)

電気文化会館ザ・コンサートホール

 

◉野田燎 舞

◉W.A.モーツァルト オーボエ四重奏曲 K.370

◉D.ミヨー スカラムーシュ

 

◉J.イベール 室内小協奏曲

〜アルト・サクソフォンと11の楽器のための〜

 

◉芳賀傑 室内小協奏曲

〜サクソフォンと11の楽器のための〜(委嘱初演)

 

★イベール室内オーケストラ2024

ヴァイオリン 平光真彌  ヴァイオリン 中村真帆 

ヴィオラ 辰巳真菜  チェロ 石橋隆弘 

コントラバス 長坂美玖  フルート 星野奈菜美 

オーボエ 前田菜穂子  クラリネット 黒住恭子 

バスーン 田邊武士  ホルン 松原秀人 

トランペット 坪井美佳 

  

1958年、ソリストとしてのキャリアの晩年にマルセル・ミュールはシャルル・ミュンシュ指揮、ボストン交響楽団のアメリカツアーへ出帆する。そのツアーで各紙にパガニーニ(Vn)、ルービンシュタイン(Pf)らと列され絶賛されたミュールが奏したのが、アンリ・トマジの「バラード」とジャック・イベールの「室内小協奏曲(コンチェルティーノ・ダ・カメラ)」だった。「アルトサクソフォンと11の楽器のための」と添えられた「室内小協奏曲(コンチェルティーノ・ダ・カメラ)」完成から約90年、イベールの代名詞となったこの編成で、世界に認められ続ける芳賀傑氏の新作コンチェルティーノが誕生する。

 

◉Ticket チケット

一般 ¥4000  学生 ¥3000  高校生以下 ¥2000

 

◉チケットご購入方法

①ご予約・お取置きフォームから→予約フォーム

②teketテケト(ネット決済・電子チケット)から→Autumn(2023.9.20公演)Spring(2024.3.16公演)

③直接ご予約・お問い合わせ→HYMN SCHOLA ヒム・スコラ事務局 hymn.schola@gmail.com

④プレイガイドから→ドルチェ楽器名古屋店 050-5807-3564

 

◉小・中学生39(サンキュー)応援企画参加エントリーフォーム

小学生・中学生は11/1〜11/30の間にフォームにてお申し込み頂きますと、抽選で39席限定で御招待させて頂きます。

 

◉HYMN CHOIR公式LINE公式LINE登録

リサイタル準備配信 1ヶ月前までに登録するとコンサート特典情報あり

 

主催:HYMN SCHOLA ヒム・スコラ

後援:日本サクソフォーン協会 ナゴヤサクソフォン協会

協賛:ヤマハミュージックジャパン ドルチェ楽器 中善楽器 バルドンフィルステージ

 Reborn復活−BACH-RENAISSANCE バッハ・ルネサンス−

 

2023.9.20 wed

18:15 open 18:45 pre-talk 19:00 start 

電気文化会館ザ・コンサートホール

 

◉J.S.バッハ(堀江裕介編) 3つのアリア

  アリオーソ(チェンバロ協奏曲第5番 BWV1056より)

  アリア「憐れみたまえ、我が神よ」(マタイ受難曲 BWV244より)

  エール(管弦楽組曲第3番 BWV1068より)

◉J.S.バッハ(堀江裕介編) ブランデンブルク協奏曲第2番 BWV1047*

 

◉J.S.バッハ=西澤健一

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 BWV1004

(コンチェルト版・委嘱初演) 

 

★Guest Soloists ゲストソリスト

サクソフォン 雲井雅人* 

フルート大久保成美* 

オーボエ 寺島陽介* 

 

★HYMN CHOIR ヒム・クワイア

河合佑里奈 (コンサートミストレス) 

石川貴憲  井内貴仁  川合諒  金原早紀  光井梨紗  

片田景子  白井沙実  岡田恵実  大橋音子  朽名彩音 

 

1950年、バッハ没後200年に開催されたプラド・カザルス音楽祭において、「ブランデンブルク協奏曲第2番」のクラリーノ(高音トランペット)のソリストをサクソフォン奏者のマルセル・ミュールが務めたことは後世に語り継がれる伝説となった。ミュールの血統を継ぐ雲井雅人氏と名古屋フィルハーモニー交響楽団の名手達により、その伝説が甦る。そしてブゾーニをはじめ多くの音楽家が飽くなき挑戦を続けてきたあの「シャコンヌ」を含む「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番」全曲の新編曲が誕生。堀江の独奏サクソフォンに、円熟の気鋭作曲家、西澤健一が純血のHYMN CHOIRヒム・クワイアを絡める。

 


2021年8月、名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演させていただいた、グラズノフ作曲、サクソフォン協奏曲がCD化され発売されています。

 

名古屋フィルハーモニー交響楽団

指揮:坂入健司郎

サクソフォン:堀江裕介

 

ライブ録音

2021年8月18日 愛知芸術劇場コンサートホール

2021年8月20日 東京オペラシティコンサートホール


お詫び

 2021年6月24日に開催予定の堀江裕介サクソフォンリサイタルは、愛知県の緊急事態宣言の延長が確実視されてきている中、誠に残念ではありますが開催状況が芳しくなく、主催者として自分の置かれた立場を熟慮し、時期未定の上で延期を決断いたしました。

 数年前から2021年6月24日のコンサートというのを温めてきて、それに多くの方々が共感してくださり、贅沢なプレイヤーの方々が出演を快諾してくださったのにも関わらず、このような状況ということは本当に残念かつ、自分の見通しの甘さを痛感しております。

楽しみにしてくださっていた皆様には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 今後は頂いたステージと教育活動に全力を尽くしながら、世の中が本当に元気になった時に、より洗練された形で開催を目指しますので、その折にはぜひまたホールに足をお運びいただけたら幸いです。

 また皆様と、ホールでお会いできるのを心から楽しみにしております。


Information 

2023

10.1 Schedule(2023.12~)更新されました。 

4.21 News&Topics、Schedule(2019~)更新しました。

2022

11.18 News&Topics更新しました。

9.28 HOME、HYMN CHOIR、Schedule(2019~)更新しました。(~2023.3.11まで・今後追加あり

3.31 Schedule(2019~)更新しました。(~2022.5.15まで)

2.10 Schedule(2019~)更新しました。(~2022.3.15まで)

1.13 Schedule(2019~)更新しました。(~2022.2.20まで)

 

 


コンサートスケジュールを中心に、随時アップしていきます。 

コンサートの感想や問い合わせ、サックスや音楽に関する質問等、

お気軽に"CONTACT"よりご連絡ください。